» 未分類のブログ記事

ナンバーを申し込む際の注意点

| 未分類 |

最近はマイカーに希望のナンバーをつけたいという人が増えてきました。新しい車に関連したナンバーや、自分にちなんだナンバーなど、様々なものを希望してつけることが出来ます。希望ナンバーを申し込む場合は、希望ナンバー予約センターに申し込みをしますが、もっとも簡単な方法として、インターネットでも申し込みをすることが出来ます。では、このナンバーの申し込みをする場合、どのような注意点があるのでしょうか。

 
まず、携帯電話のメールアドレスからは申し込みはすることが出来ないので、注意するようにしましょう。必ずパソコンのメールアドレスを用意して、申し込みを行います。希望ナンバーをつけることが出来る状態になるのは、交付手数料の振り込みが確認されてから、4営業日以降です。それ以前はつけることが出来ないので注意します。

猫05
その他、もしもパスワードを忘れてしまった場合は、申し込み情報の変更や確認などが出来なくなるので気をつけましょう。希望ナンバーの申し込みのためにかかった費用はキャンセルしても返金されません。

 
希望しているナンバーがとても人気があるものである場合は、抽選制になります。1、7、8、88、333などの十三通りです。陸運局のホームページに記載されているので、確認するようにしましょう。

猫04

 

軽自動車の希望ナンバーを申し込む際、必要書類は希望番号の予約済証、使用者の印鑑、自動車検査証、ナンバープレート、自動車検査証記入申請書、軽自動車税申告書があり、軽自動車検査協会の事務所や支所などで行います。

 
希望番号の予約済証は、希望番号予約センターで発行された予約済証で、1ヶ月間の有効期限があります。

 
希望番号の予約方法は、一般希望番号と抽選希望番号の2種類あり、手続き方法が異なります。

 
また、インターネットでの申し込みもできます。
使用者の印鑑は、個人の場合は認印または署名で、法人の場合は代表者印または署名が必要になります。
自動車検査証は、事前に用意しておく必要があります。
ナンバープレートは返還するため、事前に用意しておきます。

 
自動車検査証記入申請書は、軽第3号様式が必要で、軽自動車検査協会の事務所や支所近隣の関係団体の窓口で販売しています。
軽自動車税申告書は、軽自動車検査協会の事務所や支所近隣の関係団体の窓口で入手できます。
希望ナンバーの申請には、これらの書類の他に諸手続きによる費用が必要となります。
また、希望ナンバーの交付は、通常のナンバーと異なり注文生産となるので、予約してから約4日程度必要となります。

自動車のナンバープレートとして、誕生日や電話番号など希望する任意の番号を付けることができる制度が「希望ナンバー制度」と呼ばれるもので、平成11年から普通自動車について導入され、やや遅れて軽自動車でも同様の制度が実施されるようになりました。

 
希望ナンバーは、全国各地にある管轄の「希望番号予約センター」で申し込みますが、「希望番号申し込みサービス」のホームページからであれば、24時間365日、いつでも希望ナンバーの予約手続きを行うことができます。

 
このホームページから「新規申込」を選択し、フォームにしたがって車種、希望番号、車台番号、使用者の氏名または名称等といった項目に必要事項を入力し、送信ボタンを押せば、予約手続きは完了となります。

 
ただし、希望ナンバーには「777」や「1111」のように人気が高く抽選が必要となるナンバーもあり、これらは1週間分をまとめて翌週月曜日にコンピュータによる抽選が行われ、結果が電子メールで通知されます。

 
希望ナンバーの予約を済ませたら、所定の交付手数料を払い込み、予約センター窓口で「希望番号予約済証」を受領したのち、軽自動車検査協会に届け出ることによって、センター窓口でナンバープレートの交付を受けることができます。

???? Vol.124 ????????

軽自動車でナンバーを申し込める条件

| 未分類 |

???? Vol.124 ????????

普通自動車とは違い軽自動車の場合のナンバープレート変更には条件が必要です。3つの要件があってどれかに該当すればナンバープレート変更ができる仕組みになっています。

 
まずは軽自動車の新規登録を行う場合です。この場合にはまだナンバープレートが決まっていませんから、その際に希望するナンバーを取得することができます。次にそのナンバープレートの管轄する地域から住所変更等により変わる場合です。つまりナンバープレートに表示される地域名の部分が変更になるために、その際に合わせて変更することが可能です。最後に事故などでナンバープレート自体が破損したり、あるいは何らかの事情でナンバープレートが壊れたような場合には、変更することができます。

 
主にこの3つの状況になった際に軽自動車でもナンバープレートの変更が可能になりますが、希望ナンバープレートは普通自動車と同様に注文を受けて作成するという流れになるため、希望ナンバープレートの作成注文依頼から5日程度はかかると言われています。その程度の余裕を持った段取りをして、希望ナンバープレートを付けるという流れになりますので、あらかじめ余裕を持った行動を行うことが大切となります。

軽自動車でも希望ナンバーを使える?

| 未分類 |

自動車につけるナンバーは最近では希望することが出来るようになってきました。軽自動車の場合も希望することができるので、自分の気にいった番号をつけることが出来ます。

 
申し込みをすることが出来る条件としては、購入して新規検査を行う場合、管轄変更を伴う名義変更もしくは住所変更を行う場合、現在のプレートが壊れてしまった場合などです。このような場合で、希望の番号をつけたいと思った時は別途手続きを行います。予約をしなければいけないので、窓口やインターネット、郵送、FAXなどで予約の申し込みをします。最も手軽に申し込みが出来るのがインターネットです。

 
申し込みが完了した後、必要書類を検査協会に持って行き、手続きを行います。プレートがつくられるまで数日かかりますため、交付までには4、5日かかります。尚、軽自動車の場合は、陸運支局での登録手続きがないので、封印作業はありません。そのため、車両を持ち込まなくても手続きを行うことが出来ます。

 
このようにとても簡単に希望の番号をつけることが出来ます。尚、とても人気がある番号の場合は抽選となりますので、注意するようにしましょう。抽選となる番号は陸運局のホームページに記載されてあります。

???? Vol.124 ????????

ナンバー申し込みに必要な書類

| 未分類 |

希望ナンバープレートに必要な書類は、自分でする場合には陸運局などに問い合わせをしてその上で間違いがないようにそろえて申し込みを行う必要があります。この際に、前後のナンバープレートの変更を行うわけですが、特に後ろの封緘がなされているナンバープレートに関しては確実に外して、前のナンバーとセットにして陸運局に返納して改めて希望のナンバープレートン交付を受けるという流れになります。

 
このナンバープレートのうち26種類は抽選ナンバープレートとなります。特に人気が高いナンバープレートは希望制のままで行くとすぐになくなってしまう恐れがあることから、定期的に抽選で当たった人がそのナンバープレートを手にすることができるという制度になっています。

犬14
必要書類としては、陸運局で新しいナンバープレートの車検証を改めて交付を受けることになりますから、今までのナンバープレートの車検証は陸運局に返納することになります。そのため、前の車検証が必要となります。大抵の場合は自動車にそのまま積んであることが多くあり、もし紛失している場合や汚損している場合には、車検証の再発行の手続きを取るように指示されますので、手数料が必要ですが、再発行を受けた上で申し込みを行うことが大切です。

平成11年から始まった車の希望ナンバー制度。交付手数料を支払えば好きなナンバーを手に入れられることから、たくさんの人の人気を集めています。一般的に希望するナンバーを手に入れるためには、陸運局の近辺にある希望ナンバー予約センターで申し込む必要があります。しかし最近ではインターネット上の希望番号申し込みサービス、通称e‐ナンバーサービスが開始されたことにより、自宅に居ながらでも簡単に希望ナンバーを手に入れることができるようになりました。

 

犬13
e‐ナンバーサービスで希望ナンバーを取得する方法は、まずサイト内にある申し込みのところをクリックし、さらに新規申込をクリックします。いくつかの確認事項に同意して次に進めば申込フォームが表示されますので、そちらの指示に従って必要事項を入力します。これらの入力事項の中には車両情報も含まれていますので、車検証を事前に準備しておくと便利です。

 
申し込むナンバーが一般希望番号の場合は、送信される申し込み完了メールの記載に従って交付手数料を支払い、入金が確認されれば再びメールが送られてきますので、その指示に従い希望ナンバーの登録申請をすることになります。希望ナンバーが抽選対象希望番号の場合は抽選の結果がメールで送信され、当選すれば一般希望番号の場合と同じ流れでナンバーを取得することができますが、落選した場合は再度申し込みをしなければいけません。

希望ナンバーの申し込み方法

| 未分類 |

希望ナンバーの取得方法ですが、車を購入したディーラーの方へ希望している旨を伝えておくとその手続きを行ってくれます。

 

しかしながら必ずしも希望する数字を取得できるかといえばそうではありません。

犬11

人気のある数字については抽選となる場合があり叶わない可能性もあります。

 

ですから第二希望、第三希望を考えときますと良いでしょう。

 

料金についてですが、ランダムで数字を取得するのと比べて高くなります。

 

気に入った数字を手に入れますとより愛車に愛着がわきプラス思考となりますので希望している数字を叶えたいのであれば、納車の前に担当者へ相談することをおすすめします。

 

希望の数字については予約が必要なことが多く、手続きの手間や時間がかかります。

 

さらにその数字が必ず取得できるとは限りませんので、注意が必要なところがあります。

 

一般的な乗用車については抽選できますが、事業用の車やレンタカーについては抽選の対象外です。

 

また、申し込み方法ですがディーラーを通す方法とインターネットでの方法があります。

 

また郵送やFAX でも申し込みすることができますので、希望する数字があるのでしたら管轄している運輸支局へ問い合わせをしてみることをおすすめします。

どんな番号も申し込みできるのか?

| 未分類 |

車のナンバープレートを、希望の数字に変えることが出来ることは皆さん知っていると思いますが、では、どんな番号でも申し込むことは可能なのでしょうか?ここでは、車の希望ナンバーの申し込み方法と共に確認していきましょう。

 
希望ナンバーの申し込み可能条件として、新規登録を行う場合、移転登録・変更登録(管轄登録を伴う)を行う場合、現ナンバープレートが破損した場合に犬12
申し込み方法として、運輸支局に隣接する「希望番号予約センター」の窓口・インターネット・郵送・FAXによって申し込むことが出来ます。通常のナンバープレートと異なり、希望ナンバープレートは受注生産となる為、予約から交付に至るまでおよそ4日程度の期間が必要となります。また、ナンバーには一般番号と抽選番号があり、人気がある番号は抽選となるため、当選者のみが予約することが出来ます。流れとして、申し込みした週の翌週月曜日に抽選となり、当選すると予約となりその週の木曜日に早くて交付となります。

 
抽選番号には、全国一律に定められた番号の他に、地域ごと独自に設定された番号があります。また平成26年6月9日からは、各地域において抽選番号が新たに追加されている場所もあるので、申し込む際には確認しておくと良いでしょう。